MENU

結婚式の相談会で聞くことは?【具体的に日程・見積もりなど!?】

今回のテーマは、体験型のブライダルフェアではなく日程などを相談したり、具体的な見積もりを相談していく「相談会」についてご紹介していきます♪

ただ楽しむだけのフェアとは違い、具体的な結婚式の見通しがつくため、式場決定前にはぜひご参加いただきたいイベントです。

目次

ブライダルフェアとはひと味ちがう相談会

試着体験や試食など、花嫁気分を味わえる体験型のブライダルフェアとは違うイベントとして「ウェディング相談会」を会場側が設定しています。

「相談会」という時間は、大きなブライダルフェアの後に予定されている事もあります。

この他にも、平日の夜などでも対応している会場も多いので、お仕事終わりにでも参加しやすいことが大きなメリットです。

相談会では何をするの?

では、相談会に参加するとどのようなことがあるのでしょうか?
項目事に簡単にご紹介していきますね!

日程の相談

結婚式 相談会

結婚式の日取りを相談していきます。明確に希望日程が決まっている場合には、希望日を伝えましょう。

明確ではなくても、「秋が良い、4月5月が良い、8月は避けたい」など、日程に希望がある場合も同じようにプランナーに相談していきます。日程に全くこだわりがない場合も「土日がいいか、平日が良いか」などをスタートにプランナーと話し合っていくと良いですね。

また、会場を気に入っている場合、希望の日程を絞り込み、空き状況も確認しておきましょう。

会場によっては、仮予約として起源を設け日にちを押さえるシステムを導入している事もあるので、希望があれば仮予約を入れておくことをオススメします。

見積もりの相談

人数を決めている場合、決めていない場合でもおおよその人数を設定し、その概算人数での見積もりを提示してもらうと良いです。具体的に何がどのくらいの金額が必要となるのかが分かります。予算に上限を決めている場合は、この金額によっても式場を大きく絞っていくことが可能です。

上限を決めていない場合でも、金額を把握しておくことはとても大切です。
あとから「思った以上の出費だった」と後悔しないよう、見積もりに関しても相談していきましょう。

今後のスケジュールの案内

会場を決定する場合、今後どのような予定で結婚式の準備がスタートしていくのかをプランナーが案内してくれます。

ドレスを見に行ったり、式場での打ち合わせがあったり、ヘアメイクのリハーサルがあったりなど、結婚式前はやることが盛りだくさん!どんな内容を準備していくのか把握しておくことで、今後のスケジュールも管理しやすいですね。

こういったスケジュール案内は式場により実施するケースとしないケースがあります。
気になる方は自分から確認されると良いでしょう。

この他にも不安なことや気になることがあれば、プランナーに相談しておくと安心です。

誰と参加するのが良い?

結婚式 相談会

結婚式場の相談会に参加する場合、もちろん新郎新婦ふたりで参加することが望ましいですが、お仕事の都合などで叶わない事も十分にあります。

その場合は、ご家族やご兄弟と参加されると良いですね。

もちろんご友人同士での参加でもOKですが、見積もりのご案内は少しデリケートな話になります。その際は席を外してもらうなど事情をご理解くださるように伝えておくことがおすすめです。

結びに

結婚式 相談会
  • 相談会は、体験型のブライダルフェアとは少し違ったテイストである
  • 日程や見積もりの相談が可能
  • 今後のスケジュールのレクチャーがある場合もある
  • 必ず新郎新婦ふたりで参加しなくても良い

会場決定前に参加する、ブライダル相談会について簡単にまとめました。
相談会は平日・富土日祝問わず開催していることも多く、希望を伝えれば会場やチャペルの案内・再案内も可能です。

気になることをプランナーにしっかり相談できる機会でもあるので、式場決定前にはぜひご参加ください。

また、他社との金額を比較できる材料にもなるので、見積もりは提示してもらう事をおすすめします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元ウェディングプランナー Saki

花嫁さまたちと笑って泣いて、とっても楽しかったプランナー時代。
自分自身が2012年に卒花してからはゲストハウスとホテルでの経験を活かしてウェディング専門のライターに転身!

プレ花嫁さまたちに向けて結婚式のhow toやトレンドたっぷりの情報を発信しています。

目次
閉じる