MENU

結婚式の支払い方法は「成約前」に確認しましょう!

今回のテーマは成約前に必ず確認して頂きたい「支払い」について解説していきます♪

結婚式の費用をどうやって支払うのか、申込み前にしっかり確認しておかないと後からの支払時に困ることも…支払い方法の例をあげ、どのように支払っていくのかを解説します。

目次

結婚式の支払いはどのようにおこなうの?

結婚式の費用を支払う方法は、各式場によって異なります

ご自身が申し込む予定の会場は、どのようなパターンになっているのか事前にしっかり確認しておきましょう。また、現金でのやりとりを断っている会場もあります。

振込での支払いになるのか、クレジットカードでの支払いが可能なのかどうかも合わせて確認しておきましょう。

申込金はどうなる?

結婚式の申込みをする際、申込金として5万円〜10万円程度のお金を会場側に支払う事が多いです。
この申込金は結婚式費用の内金となるのかをしっかり確認しておきましょう。

内金にならない事はなかなかありませんが、確認しておく方が安心です。
また、請求明細をもらった際には、申込金分がしっかり減額されているかどうかも合わせて確認するようにしましょう。

【前払い】最終見積もり分を結婚式前に支払う方法

結婚式費用の最終見積金額を結婚式前に全額支払う取り決めにしているパターンです。

ご祝儀を頂く前に多額の出費が必要となるため、手元のお金に余裕を持たせなければなりません

また、前払い方式を取り決めている会場の中にも、見積金額の半分を前入金、残りを後日入金にするなど、分割にしていることもあります。当日に追加となる事柄や滅多にありませんが減額となる事柄などが生じた場合、残金に追加・減額の調整もできるため、こういった方式を取り入れています。

【当日払い】結婚式費用全てを当日に支払う方法

結婚式当日、すべてが終了した後に精算を求めてくる会場もあります。

この場合の多くは、クレジットカードでの支払いで現金を取り交わすことは少ないです。ご祝儀を全て開封し札束をまとめて支払うのでは、結婚式のムードも全て壊れてしまうためです。

しかし、金銭面でのトラブルを無くすためにも、当日支払いの会場は少ないです。

【後日払い】結婚式費用全てを後日支払う方法

結婚式が済んだ後、結婚式にかかった費用全てを後日精算する方法です。

振込用紙をもらい、決められた期日までに支払う方法をとっていることが多いですが、会場によっては現金でも受付を許可していることも。支払期日も会場によりまちまちです。

  • 結婚式から3日以内
  • 結婚式から1週間以内
  • 結婚式から10日以内

などの日程を組んでいることが多いです。

ご自身が申し込む会場はどのような日程で組まれているのか、確認しておきましょう。

結婚式後すぐに新婚旅行を予定されている場合は、期日が短ければ短いほど支払いが困難です。ご家族に代理で支払ってもらったり、会場側に新婚旅行後に支払いに来ることを承諾してもらったりなど、予定をしっかり共有しておくことがおすすめです。

結びに

プレ花嫁
  • 見積もりの支払い方法は会場により異なる
  • 申込金の行方も確認しておくと安心
  • 前払い、当日払い、後日払いの3パターンに分かれる
  • 振込や現金の持ち込み、クレジットカードでの支払い対応があるかどうかも確認しておくと◎
  • 期日までに支払えない場合は、理由をそえ会場側に伝える

結婚式料金の支払い方法についてまとめました。支払い方法がどうなっているのかは、会場により異なるため、申込時にしっかり確認しておきましょう。

お金のもめ事は華やかな結婚式の場でも少なくなく、新郎新婦さまと会場側の双方は残念な気持ちにならないよう、事前に確認しておくことが大切です。

それを分かった上で申込みをしていきましょう!
疑問点があれば、納得のいくまで確認してくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元ウェディングプランナー Saki

花嫁さまたちと笑って泣いて、とっても楽しかったプランナー時代。
自分自身が2012年に卒花してからはゲストハウスとホテルでの経験を活かしてウェディング専門のライターに転身!

プレ花嫁さまたちに向けて結婚式のhow toやトレンドたっぷりの情報を発信しています。

目次
閉じる