MENU

結婚式の4つの基本スタイル!

今回のテーマは、結婚式の種類や結婚式を挙げられる場所についてご紹介していきます♪

目次

結婚式ってどこで挙げられるの?

漠然と「結婚式をしよう!」と考えたときに、どこで挙げればいいの?と疑問を抱いている方はいませんか?
結婚式を挙げられる場所として知られている会場やスタイルはどんなのもか、まとめてみました。

キリスト教式

キリスト教式

圧倒的人気の挙式スタイルがキリスト教式です。

多くの会場では、プロテスタント宗派での結婚式を開催するため、キリスト教を信仰していない場合でももちろんOK。カトリック教を信仰されている方は、ミサなどで通うチャペルで結婚式を挙げる方もいらっしゃいます。

挙式の進行役を務めるのは、牧師。
聖歌隊や生演奏を取り入れている会場も多いです。

ホテルや専門式場にもチャペルを併設している場所は多く、結婚式から披露宴まで全てを同じ会場で済ませられることもメリットだといえますね!

人前式

人前式

教会がない場所や宗教にこだわりがある方も安心して結婚式を挙げられるスタイルが人前式です。

衣装に決まりもないため、ウェディングドレスはもちろん、白無垢や色打掛でもOK!

キリスト教式同様の進行もできますが、牧師はいません
司式者として信仰を務めるのは、司会者が一般的です。

ゲストの皆様に結婚の証人をもらう進行を入れることが多く、ゲストと一体感を味わえることも大きな魅力です。

神前式

神前式

神社で結婚式が叶う神前式

白無垢で結婚式を挙げたい方や和風テイストをお好みの方は神前式がおすすめです。
多くの場合は、親族中心で開催することが一般的で、年配のご親族さまたちには好評で、「しっかりした結婚式」というイメージが強いですね。

誓いのキスなどと同じ意味合いで、夫婦として誓いを築くために行うことが、「三婚の儀(さんこんのぎ)」です。盃を3回に分けて飲み交わすことで、三々九度と呼ばれています。

老舗のホテルや歴史のある専門式場には、神殿を用意していることも!
そのため、場所を移動しなくても結婚式と披露宴を済ますことも可能です。

仏前式

結婚式のスタイルとしてほかの3つよりもメジャーではない仏前式ですが、歴史は古く神前式と同様昔からある結婚式のスタイルです。

有名人や著名人が仏前式を挙げたということも多く、和婚を希望されている方にはおすすめです

他の結婚式との大きな違いは、「来世までの結びつきを誓う」こと

また、宗教色も強いため、仏教を重んじている方やお寺の檀家である方、新郎さまは僧侶などの場合が多いことも特徴的です。紋付き袴(新郎様が僧侶の場合は袈裟でもOK!)と白無垢を着用することが一般的です。

ホテルなどで仏前式を挙げることはかなわないため、挙式後は披露宴のためにお寺からの移動が必要です。

結びに

  • 結婚式のスタイルは、4つのスタイルが人気
  • 結婚式時点での衣装をチョイスして決めることもおすすめ
  • 宗教にこだわってスタイルを決める方は少ない

結婚式のスタイルで人気がある、4つのスタイルをまとめてご紹介しました。
結婚情報誌、ゼクシィが調査している「ゼクシィトレンド調査2016」でも、圧倒的人気はキリスト挙式でした。

卒花嫁さまたちは、宗教にこだわらず、チャペルや会場の雰囲気で結婚式のスタイルを決定されているように感じます。

衣装に応じた雰囲気や好みのスタイルにマッチする会場を探し、憧れが叶う結婚式を実現されてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元ウェディングプランナー Saki

花嫁さまたちと笑って泣いて、とっても楽しかったプランナー時代。
自分自身が2012年に卒花してからはゲストハウスとホテルでの経験を活かしてウェディング専門のライターに転身!

プレ花嫁さまたちに向けて結婚式のhow toやトレンドたっぷりの情報を発信しています。

目次
閉じる