MENU

結婚式の招待状について⑥【切手のアレンジ】

今回のテーマは、初めの打ち合わせで相談が多い、「招待状」について。
招待状についての詳細を複数回に分けてまとめていきます。この記事では、「切手のアレンジアイデア」についてご紹介していきます♪

目次

オリジナル切手をオーダー

郵便局がおこなっているサービスの一環で、オリジナルデザインの切手を制作することも可能です。
フレーム切手という商品名が正式な名称です。

前撮りや海外挙式などの記念写真を使用したり、思い出の品物やお二人には欠かせないアイテム(趣味にまつわるグッズやスポーツのアイテムなど)をセレクトし、切手として使用しましょう。

通常価格よりは少しコストがかかりますが、思い出に残る品物になること間違いなしです!

手渡しの方へ「特急手渡し便」をON

SNSでも人気の切手演出、「特別手渡し便」のマーク。

このアイデアはネーミングも自由で、「特別手渡し便」とネーミングされることもあります。

いかにも郵便物風のマークですが、このマークを使用し、実際に郵便として送ることはできません。手渡しの方専用のマークのためご注意を!

招待状の封筒面を華やかに彩り、ユニークさとオリジナルテイストもプラスできる「手渡し便」!ぜひ取り入れて見てくださいね!

季節を感じられる記念切手の使用もOK

郵便局から発売されている記念切手

シーズンやイベント事などにまつわるデザインも多く、季節感を演出できると人気です。
中には、その地域でしか発売されていない特別なご当地切手もあるので、地域性も演出できることにもつながりますね。

招待状用の切手として、こういった記念切手をチョイスされることもおすすめの方法のひとつ。

サンリオやディズニー、スヌーピーなどのキャラクター切手も発売されているので、キャラクター好きの方にもおすすめです。

中でもSNSで注目されているデザインが「ハッピーグリーティング」シリーズ!
まるで花嫁さまのために作られたデザインのようで売り切れも続出しているそうです!

結びに

プレ花嫁・花婿
  • 慶事用切手の使用が必須条件ではない
  • 郵便局のサービスでオリジナル切手の制作が可能
  • 記念切手も思い出になる
  • 手渡しであれば「手渡し便」としてオリジナルのマークなどをプラス

招待状を発送するならば、必要であるアイテム「郵便切手」。

式場のプランナーさんたちからは、慶事用の切手を勧められることが多いかと思います。

しかし、必ずしも慶事用を使用しなければならない決まりはありません。
そのため、オリジナルデザインや記念切手で発送することも、思い出深い演出になりおすすめです。

手渡しの方へは、「手渡し便」のマークを添え、可愛らしい印象を添えても喜ばれますよ!

あわせて読みたい
2回目の打ち合わせで失敗しない為のポイント②
2回目の打ち合わせで失敗しない為のポイント②今回のテーマは、招待状を発送したあとスタートしていく「2回目の打ち合わせ」についてです。どんな時期にどんな内容を進めていくのでしょうか?元プランナーが現役時代...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元ウェディングプランナー Saki

花嫁さまたちと笑って泣いて、とっても楽しかったプランナー時代。
自分自身が2012年に卒花してからはゲストハウスとホテルでの経験を活かしてウェディング専門のライターに転身!

プレ花嫁さまたちに向けて結婚式のhow toやトレンドたっぷりの情報を発信しています。

目次
閉じる