2回目の打ち合わせの内容は!?【演出など決めていく!?】

結婚式 打ち合わせ2回目
結婚式プラン

今回のテーマは、招待状を発送したあとスタートしていく「2回目の打ち合わせ」についてです。どんな時期にどんな内容を進めていくのでしょうか?元プランナーが現役時代の経験を元にご紹介していきます。

2回目の打ち合わせっていつあるの?

2回目の打ち合わせは、挙式の2カ月から3カ月前に開催されることが主流です。目安は、招待状の投函(発送)の前後!

そのため、郵送や手渡しで招待状をゲストに渡し終えたら2回目の打ち合わせが予定されると考えておくと良いでしょう。

どんなことを決めるの?

気になる2回目の打ち合わせで決めていく内容は、「結婚式の進行内容などの詳細」です。

  • 人前式、キリスト教式など挙式での演出
  • 披露宴で予定する演出などの進行
  • 料理メニューやケーキのデザイン

この他にも、映像関係をオーダーする場合、どのような内容で制作したいのかを決めていきます。

重要ポイントは演出内容を決めること

人生で一度の結婚式の内容を具体的に決めていくと言っても過言ではない、2回目の打ち合わせ具体的なイメージをある程度固めて挑むことがおすすめです。

全くイメージがつかめないまま打ち合わせに出向いてしまうと、長い時間を式場で過ごす羽目になってしまう可能性も…

2回目の打ち合わせで取り入れたいこととは?

結婚式の予算

2回目の打ち合わせでは結婚式の詳細を詰めていくこともあり、見積もりがぐんと上がってしまうことも珍しくありません。

そこでおすすめの方法がやりたいことは何でも詰め込んで最高額の見積を提示してもらうことです。

料理も希望額を設定し、装花も希望のランクでおおよその金額を提示してもらいましょう。

演出内容が決まっていない場合は、「結婚式演出 ◎万円分」などと概算で含めてもらいます。この方法で見積もりを制作することで、結婚式で最大にかかる費用が分かるようになります。

この最大額を元に、今後「本当に必要なもの、無くしてもいいもの、ランクを下げてもOKなもの」などを分別していくことが可能です。

結びに

プレ花嫁・花婿
  • 2回目の打ち合わせは結婚式の2カ月〜3カ月前に予定することが多い
  • 演出内容を決めていくことが主な内容
  • 結婚式のイメージをある程度固めておかないと、長時間になることもある
  • 最大額で見積もりを提示してもらって、予算と相談することもおすすめ

2回目の打ち合わせで進めて行くないようについてまとめました。

結婚式の演出内容を考えていくことが主な内容のため、披露宴の内容をイメージしておくことが大切です。

そのためにご友人の結婚式内容を参考にしたり、SNSなどで情報を集めたり、ブライダルフェアに参加することもおすすめですね。

最大額の見積もりを提示してもらうことで、予算と相談することが可能のため、思い切った内容を盛り込んでみてはいかがでしょうか?

Saki

2,553 views

花嫁さまたちと笑って泣いて、とっても楽しかったウェディングプランナー時代。 自分自身が2012年に卒花してからはゲストハウスとホテルでの経験を活かしてウェデ...

プロフィール

関連記事一覧