MENU

【結婚式場】が決まり当日までの準備と流れ【まとめ】

今回のテーマは、式場が決まり結婚式までの流れについてご紹介していきます♪

ご両親にもご結婚を承認して頂き、はれて婚約が整った皆さま、この度は誠におめでとうございます!

式場の契約も済み、結婚式が待ち遠しい方も多いかと思います。
結婚式までの期間はカップルそれぞれで異なると思いますが、進めて行く準備内容が大きく変わることはありません。
契約から結婚式当日までのスケジュール知り、少しずつでも予定を進めて行く事で格段に準備は楽になります

楽しく結婚式準備を進めていけるよう、ぜひ参考にしてください。

目次

契約から結婚式当日までは、大きく分けて2つのスケジュールで進んでいきます。

  1. 打ち合わせまでのスケジュール
  2. 打ち合わせがスタートしてから結婚式当日までのスケジュール

※会場により事前準備として進めて行く内容は異なります。
詳しくは担当のプランナーさんに確認しましょう。

1、初回の打ち合わせまでのスケジュール

結婚式までその程度余裕をもたせて契約するかは、カップルにより異なります。
1年以上予定を考えていることもあれば、半年後という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、結婚式の打ち合わせは結婚式から3~4カ月前程度からスタートしていくことが一般的です。時間があるからとのんびり構えたり、時間がないからと焦ったりするのではなく、出来ることから進めて行きましょう。

確認必須!打ち合わせまでに決めておく方がいいこと

衣装を決めよう

ドレス選び

ドレス決定までに注意していただきたいポイントはこの2つ

  1. レンタルする
  2. 購入する?

提携先ではないドレスショップからの持ち込みはもちろん、ご自身の持ち物であっても「持ち込み不可」としていることもあります。

一方で持ち込みには、持ち込み料を支払えば許可してもらえる事も。
ご自身が契約した会場は、どのような対応なのか確認しましょう。

招待状を依頼するか、ハンドメイドするか決める

結婚式 招待状

招待状の用意方法は、「オーダーするのか」、「ハンドメイドするのか」の2通りです。

オーダーする場合は「式場にオーダーする」方法と「ペーパーアイテム専門の会社に依頼する」という2つの方法があります。

手作りには「自分で全てデザインする」のか「手作りキットを活用する」のかで制作時間が大幅に変わることも。
どのような方法で招待状を用意したいのか、考えておきましょう。

招待状は、結婚式にとって必須アイテム

「ペーパーアイテム専門の会社で気に入ったデザインを依頼したい」と思っていても、ペーパーアイテムの持ち込みを許可してくれない場合もあります。

ハンドメイドの場合も同様のため、持ち込み可能かどうか事前に確認しておくと安心ですね。

招待したいゲストをリストアップ

ゲストリストアップ

招待したいと思うゲストの名前と住所を確認しましょう。
招待状の発送に必要なので、特に名前の漢字には注意が必要です。
間違いやすい漢字や旧字にも注意しましょう。

  • 高橋or髙橋
  • 山崎or山﨑
  • 大坂or大阪 etc

突然招待状が到着すると、驚かれる事もあります。
招待状発送前には一声かけておくと安心ですね。

希望のイメージをリサーチ

どんな披露宴をイメージしているのかもより深く話し合っておきましょう。

この他、披露宴の装飾や空間、装花のイメージなどに注目することもおすすめです。
会場が発信しているSNSの情報はもちろん、卒花されたかたや同じプレ花嫁さまたちのSNSを参考にされることもおすすめで、気になる写真があればストックしておきましょう。

準備専用のアカウントを制作し、SNSやブログを開設することもおすすめ。
同じ憧れをもつ方との意見交流はモチベーションアップに繋がります。

やりたい演出やどうしても取り入れたいことをまとめて、テーマを決めよう

式場決定前に考えた方も多かと思いますが、結婚式や披露宴で「どうしても取り入れたいこと(演出なども含めて)」をまとめておきましょう。

その上で、自分たちの結婚式にテーマを考えておくことをおすすめします。

結婚式全体にテーマを持たせると、統一感が生まれコーディネートもスマートにまとめることが叶います。

さらに、テーマに沿った演出やアイテムを取捨選択でき、あれもこれもと詰め込んでしまうことも防げます。テーマがあると良いことばかりなので、ぜひ考えてみてくださいね!

2、打ち合わせがスタートしてからのスケジュール

スケジュール

式場が指定するタイミングになれば、結婚式の打ち合わせがスタートします。
目安はおよそ3~4カ月前です。

しかし、ゆとりをもって準備が進めたい、二人の都合がなかなか合わないなどの事情がある場合、もう少し前からの打ち合わせに対応してもらえる事もあります。

会場から伝えられる予定より早くから打ち合わせを開始したい場合、プランナーに相談しましょう。

1回目の打ち合わせ

結婚式 招待状

時期:結婚式から3〜4カ月前

1回目の打ち合わせを開催するタイミングは、結婚式のおよそ3~4カ月前です。
結婚式を予定している日にちが1年先の方も、このタイミングまでは打ち合わせをスタートしないことが多いです。

打ち合わせ内容としては「招待状について決めていく」ことが主要なポイント。デザインはどんなものにするのか、枚数は何枚必要かなど、詳細に決めていきます。

この他には、衣装の決定報告をプランナーと共有したり、引出物のカタログをもらい検討していくなどがあります。

あわせて読みたい
結婚式の招待状について①【用意する方法】
結婚式の招待状について①【用意する方法】今回のテーマは、初めの打ち合わせで相談が多い、「招待状」について。招待状については複数回に分けてまとめていきます。この記事では、「用意する方法」についてご紹...

打ち合わせ2回目

時期:結婚式から2〜3カ月前

2回目の打ち合わせでは、「挙式や披露宴の進行」を詳しく予定立てていきます。

やりたい演出があれば、どんどん提案し、プランナーと相談していきましょう!
一番楽しい打ち合わせですが、そのぶん時間がかかってしまうことも多いです。
打ち合わせ日をゆとりのある日程に設定することも大切です。

  • どんな演出がしたいのか
  • ムービー演出を進めていくか
  • 余興はあるか、誰がするのか etc

スタートからお開きまでの内容を具体的につめていく必要があります。
その他、引出物の内容や料理コースの希望なども伝えてください。

招待状を発送されている方も多いため、主賓のご挨拶や乾杯のご発声をお願いしたゲスト、受付を依頼した友人などもプランナーと共有しましょう。

この他にも席次表などペーパーアイテムについても少しずつ決めていくことが多いです。

あわせて読みたい
2回目の打ち合わせで失敗しない為のポイント②
2回目の打ち合わせで失敗しない為のポイント②今回のテーマは、招待状を発送したあとスタートしていく「2回目の打ち合わせ」についてです。どんな時期にどんな内容を進めていくのでしょうか?元プランナーが現役時代...

打ち合わせ3回目

装花

時期:結婚式から1〜2カ月前

3回目の打ち合わせでは、装花の相談やヘアメイクのリハーサル、カメラマンとの打ち合わせなど、プランナー以外の専門分野スタッフとの打ち合わせも含まれてきます。

引出物なども式場側に依頼するのであれば3回目の打ち合わせまでに決めておき、品物と個数を伝えおきます。

その他、前回決まらなかった演出の項目や内容などもつめていきましょう。

さらに試食会があったり、前撮りを進める時期でもあるので、より結婚式までのワクワクも大きくなるでしょう。前撮りを予定されている場合は、この時期に予定していくことがおすすめです。

この時期になると、招待状の返信が完了されている方も増えてきます。
ゲストそれぞれにどこに座ってもらうのか席順を決め席次表も考えていきましょう♪

打ち合わせ最終回

時期:結婚式から3週間~1カ月前

最終打ち合わせでは、司会者を交えて披露宴の進行内容を最終的に決めていきます。

プランナーと一緒に予定立ててきた進行を当日の司会者と相談し披露宴のイメージを具体的に伝えます。

司会者との打ち合わせ時は特にアナウンスして欲しいことや、特定のゲストにサプライズを予定している場合などは、他の項目以上にしっかり相談していきましょう。

この他、決まっていない項目があれば全て決めきっていきます。

支払いのことや引出物や印刷物などの会場側が手配するアイテムの個数、自分たちやゲストの入り時間など、細かな部分までしっかり確認してください。

アイテム搬入

時期:結婚式から1週間〜2日前

持ち込みたいアイテムやハンドメイドされた装飾アイテムなどを会場側の指定する日程で、持ち込みます。

持ち込み品は名目だけでなく、個数や使用する場所やタイミング、持ち帰る物なのか持ち帰らない物なのかが分かるようにリスト化することで、トラブル防止につながります。

忘れ物や紛失物がないようにプランナーと共有しておきましょう。

いよいよ結婚式当日!

挙式

待ちに待った結婚式当日がやってきました!

涙のシーンも多いと思いますが、一生に一度の結婚式をめいいっぱい楽しんでくださいね

あわせて読みたい
【結婚式当日】の基本的な流れと演出アイデア【まとめ】
【結婚式当日】の基本的な流れと演出アイデア【まとめ】今回のテーマは、結婚式当日の流れをご紹介していきましょう。結婚式には多くの演出が盛り混まれていますが、アイデア次第で無限のアレンジが可能です!披露宴の骨組み...

支払いについて確認

支払い方法は会場により指定方法が異なります。考えられる方法はこの3つ!

  1. 全額前払い
  2. 指定額を前払い、残金を後払い
  3. 全額後払い

この他にも、現金のみにしか対応していない場合もあれば、振込でしか受け付けてくれない場合、カードでの支払いに対応している場合など、支払いに対しての決まりは多岐にわたります。

どのような方法で支払わなければならないのか、申込書を確認し、把握しておきましょう。
疑問点は打ち合わせが開始している開始していないにかかわらず、会場側やプランナーに相談し、早めに解決しておくことが大切です。

他にも決めることは盛りだくさん!

二次会を予定する場合は時間と場所、幹事さんの有無などを考えておく必要があります。
ハネムーンを予定する場合は、行き先や予算、日程を考えたうえで、旅行会社に相談をすすめることも検討しましょう。

この他、結婚式前に入籍を予定していたり、入籍しなくても一緒に生活する予定がある場合、新居についても考える必要があります。結婚後に仕事を変えたいと思っているならば、就職活動が必要という場合もあるでしょう。

お二人の希望や状況に応じて、必要なことを決めていきましょう。

結びに

プレ花嫁
  • 契約から結婚式当日までには大きく分けて2つのスケジュールがある
  • 「打ち合わせ前に決めておくこと」を進めて行く事で打ち合わせがスムーズになる
  • 結婚式で取り入れたいことやテーマを考えておく◎
  • 結婚式以外にも決める事柄も案外多い

会場契約から結婚式当日までのスケジュールをまとめてご紹介しました。
楽しみな結婚式を自分たちらしく実現できるかどうかは、打ち合わせでの準備がいかに整っているかにつきます。

細かな部分まで確認すことや、決めることはなかなか大変な作業かもしれませんが、当日参加して頂くゲストの笑顔をイメージして準備していきましょう。

また、準備内容は結婚式までの期間で変わることはありません。
期間がある場合も、ない場合でも出来ることから進めていきましょう

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元ウェディングプランナー Saki

花嫁さまたちと笑って泣いて、とっても楽しかったプランナー時代。
自分自身が2012年に卒花してからはゲストハウスとホテルでの経験を活かしてウェディング専門のライターに転身!

プレ花嫁さまたちに向けて結婚式のhow toやトレンドたっぷりの情報を発信しています。

目次
閉じる