MENU

レストランウェディングの特徴・メリットとデメリット【料理メインのアットホーム】

今回のテーマは、食事にこだわりたい方・自由なスタイルで結婚式や披露宴を開催されたい方におすすめできる、レストランウェディングについてご紹介していきます♪

目次

レストランウェディングって?

レストラン ウェディング

レストラン会場で披露宴を開催できる事が特徴的なスタイルである、レストランウェディング。

食事も美味しく、他の式場などと比べても持ち込みなどに制限が少ない事が多いのでオリジナリティに富んだ結婚式を予定できます。さらに、他の会場に比べても費用が安価であることも!

披露宴としてではなく、1.5次会などで予定されることも多いウェディングスタイルです。

では、そんなレストランウェディングのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

レストランウェディングのメリット

レストラン ウェディング

レストランウェディングの大きなポイントは、やはり食事にあります。
食事を提供する場所だからこそ、おいしいメニューをゲストに味わっていただける事は最大のメリットだといえますね。

他にも、レストランウェディングは自由度が高いこともメリットのひとつ。
レストラン営業がメインの場合、ウェディングアイテムの持ち込みに対して柔軟であることが多いです。そのため、オリジナルテイストを結婚式で楽しみたい方にはピッタリですね!

とはいえ、ご自身で全て用意していくことはなかなか難しいものです。
その点をカバーすべくプロデュース会社などと提携している会場も多いです。打ち合わせはプロデュース会社で進めていくこともあります。

また、立地などによっては、海が見えたり夜景がキレイだったりと食事以外の付加価値が高いこともレストランウェディングの魅力です。

レストランウェディングのデメリット

自由なスタイルが望めることがメリットである分、結婚式に対してそこまでこだわりがない方は「どんな結婚式にしたらいいか分からない」と思われることも多いです。

また、自社でウェディングプランナーを抱えている会場もまだまだ少なく、専門知識がないスタッフと相談しなければならないことも。

年配ゲストの中には、「結婚式=ホテルや専門式場」とイメージされている方も多く、レストランで結婚式をおこなうと伝えた際、受け入れられない可能性もあります。

この他にも、結婚式をメインとした施設ではないため、証明の数に限りがあることは大きなデメリット。入退場などのシーンでもスポットライトが使用できないことも十分に考えられるため、演出が引き立てられない可能性も捨てきれません。

結びに

レストラン ウェディング
  • 美味しい食事をゲストに楽しんでいただける
  • 思い出のレストランなどを会場としてセレクトできる場合もある
  • 自分で準備できる自信がない方は、プロデュース会社などを利用すると◎
  • 年配ゲストには受け入れられない場合もある
  • 照明の数が少なく、結婚式らしいムードの演出が欠ける場合もある

レストランウェディングについてメリット・デメリットも含めてご紹介いたしました。

オリジナル度が他よりも高いことをメリットとしているレストランウェディングですが、希望が明確でない場合にはデメリットに感じてしまう方も多いです。

そんな場合の助っ人がプロデュース会社!
レストランウェディングを開催する場合、プランナー不在であればぜひプロデュース会社の依頼がおすすめです。

費用に関しても、ホテルなどと比べ安価に済むことも多く、予算をあまり設けられない場合には大きなメリットとなるでしょう。

しかし、結婚式専門の会場ではないため、演出などにも限界があることも事実。

そのため、メリット・デメリットをしっかり考慮し、実際の会場やプロデュース会社との話し合いなどを進めてからの決定がおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元ウェディングプランナー Saki

花嫁さまたちと笑って泣いて、とっても楽しかったプランナー時代。
自分自身が2012年に卒花してからはゲストハウスとホテルでの経験を活かしてウェディング専門のライターに転身!

プレ花嫁さまたちに向けて結婚式のhow toやトレンドたっぷりの情報を発信しています。

目次
閉じる