MENU

【結婚式当日】の基本的な流れと演出アイデア【まとめ】

今回のテーマは、結婚式当日の流れをご紹介していきましょう。

結婚式には多くの演出が盛り混まれていますが、アイデア次第で無限のアレンジが可能です!

披露宴の骨組みとしてある程度用意されているシーンもありますが、自分たちなら「どんな演出をしたい?」のかイメージしながら、進行を考えていきましょう!

挙式を12時と仮定し時系列で紹介していきます。また一例ですので詳細は会場に確認してください。

目次

【9:00〜9:30】新郎新婦会場入り・支度スタート

場所:ブライズルームや仕度室

挙式がスタートする時間に間に合うよう、仕度を調える必要があります。
そのため、挙式時刻の2時間半から3時間前程度を目安に式場に入ることを予定しましょう。

式場入りはすっぴんでOK

会場に到着したあと、新婦さまは着替えやヘアメイクをスタートしていきます。

そのため、当日は基礎化粧品でケアした程度のすっぴんでOK!
ご自身のメイク道具を使用してヘアメイクを進める方は、使用する道具を忘れないように注意しましょう。

特に化粧品にアレルギーなどをお持ちの場合は注意が必要です。

朝食抜きはNG!

また、披露宴開催中はゲストとの写真撮影も多く「食事が食べられなかった」という場合は少なくありません。

朝食は抜かず、しっかりとって会場へ向かいましょう。
とはいえ、気持ちが高ぶって食べられないことも考えられます。その場合はメイク中に口に運べるような、パンや小さいおにぎりなどを持参されても良いでしょう。

忘れ物がないように

披露宴当日に忘れ物があると、取り返しがつかなくなってしまう可能性もあります。

ドレスの下に着用するインナーやストッキング、ハンカチなどのアイテムは当日に持参するものと依頼されることも。忘れないように前日までに準備しておきましょう。

この他にも、披露宴後に二次会を予定されている場合は、二次会の衣装も持参することをお忘れなく!

【10:00】ゲスト着付、ヘアメイク

場所:ゲストの着付けスペース

披露宴で着物を着る予定の方や、式場でヘアセットなどを依頼されているゲストがいる場合は、他のゲストよりも一足早く式場に来館してもらう必要があります。

対応不可や仕度人数など制限があることも。

式場様によりゲストの着付け・ヘアメイクの受注を受け入れていない場合もあります。
受け入れをOKとしている場合でも、両家のお母様のみ、両家全体で4名までなど、仕度人数に制限があることも

そのため、お母様も含め列席のゲストが式場での着付けを希望する場合、打ち合わせの段階でプランナーさんに相談しましょう。また、依頼している仕度の内容や仕上げ時刻により、入館時間も変わってきます。
時間を調整するためにも、事前の予約は必須です!

お母様が留袖着付けとヘアセットを依頼。親族紹介までには仕上がっている必要があるため、親族紹介がスタートする時刻の1時間半前には入館が必要 など。

【11:15 ①】親族紹介開始

場所:親族控え室や親族紹介会場

ご両家の親族同士が顔を合わせる時間が「親族紹介」という場です。
親族紹介には、新郎新婦の参加はなくてもOK。
プランナーと両家のお父様を中心に進めて行く事がほとんどです。

控え室をそのまま利用することや、親族紹介の会場に移動する場合など、場所はさまざまです。

場所とタイミングの確認

親族紹介は、挙式前に開催することもありますが、挙式後という可能性も。
打ち合わせの時点でどのタイミングで親族紹介があるのか、確認しておきましょう。

誰が進行するのかの確認

親族紹介は多くの場合、家長である両家のお父様を中心に始めていきます。
お父様に「親族の紹介をお願いしたい」と事前にお伝えください。当日はプランナーなど会場スタッフが司会進行をつとめることが多いです。

どのように進めていくかを決めておく

親族紹介の進め方としては下記のパターンなどがあります。

  1. お父様がひとりづつ親族を紹介していく
  2. 親族それぞれが自己紹介する

どのような方法で紹介を進めるのかご両家で統一されておくと見栄えも良くスムーズです。
基本的に血縁の濃い方(父→母→兄→妹など)から進めていくため、誰から紹介していくのか、順番を考えて頂くこともおすすめです。

【11:15 ②】新郎新婦記念撮影

場所:スタジオなど

新郎新婦の支度が調い次第、記念写真の撮影を進めます。
スタジオを持ち合わせている会場ではスタジオに移動しますが、スタジオがない場合でも「記念撮影に向いている場所(回廊やガーデン、チャペルなど)」で撮影していきます。

心残りを格段に減らすために

このあと、挙式のリハーサルへ移動するため、撮影に時間はあまりかけられません。

撮影したいポーズがある場合や背景として残したい場所がある場合は、事前に申告しておきましょう。
事前にリクエストしておくことで、心残りを格段に減らすことが可能です。

前撮りを開催し、新郎新婦の記念撮影を済ませている場合、このタイミングでの写真撮影を省く場合もあります。

【11:15 ③】受付担当者来館

11:30の受付スタートに向けて、受付担当者様には受付前に来館していただきます。
なぜなら、この時間に受付のやり方やご祝儀の管理方法、受付で渡す物などの情報を共有するためです。

負担にならないゲストに依頼して

受付担当のゲストは、他のゲストよりも来館時間が少し早いです。
そのため、負担がなるべくかからないゲストに依頼することをおすすめします。

〈受付OKなゲストの例〉
・独身で身動きが取りやすい
・会場までの移動法がスムーズ

〈受付NGなゲストの例〉
・子連れで参加する
・遠方からの参加で当日に移動する予定
・妊婦

受付のゲストはそれぞれのご友人にお願いされることが多いです。お相手の状況を考慮し、依頼することが大切です。

お金の管理はしっかりと

受付は新郎新婦不在の中、ご祝儀やお礼、お車代などの目的でお金が往来する場所です。ご祝儀の管理方法はしっかり伝えるようにしましょう。

・ご祝儀は回収した後、新郎の兄に渡す
・ご祝儀は会場の金庫で預かってもらえる など

受付で渡してもらう物を明確に

受付では下記の流れであることが多いです。

  1. ご祝儀を受け取る
  2. 芳名帳に記帳してもらう
  3. ゲストの席を案内する席次表を渡す

この他、該当のゲストにはお車代やお礼などを渡してもらうこともあるでしょう。そのため「何を、誰に」渡すのか、明確にしておきましょう。

また、披露宴内で開催するゲーム等の準備があれば、受付担当者に「何をやってもらうのか」が分かるように準備しておきましょう。

中座後にドレスの色当てクイズを予定しているため、用意した色のボックスに名前を書いた用紙を投票して欲しい など

いよいよゲストのみなさんが来られます♪

1 2 3 4 5
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元ウェディングプランナー Saki

花嫁さまたちと笑って泣いて、とっても楽しかったプランナー時代。
自分自身が2012年に卒花してからはゲストハウスとホテルでの経験を活かしてウェディング専門のライターに転身!

プレ花嫁さまたちに向けて結婚式のhow toやトレンドたっぷりの情報を発信しています。

目次
閉じる