デザートビュッフェを深掘り

デザートビュッフェ
料理・ケーキ・デザート

今回のテーマは「デザートビュッフェ」についてです。

結婚式のお料理やデザートなどを楽しみにされているゲストも多く、新郎新婦さま自身も料理にこだわりをもち、式場選びを進めることはもはや定番。その中で、王道ともいえる演出が「デザートビュッフェ」です。

たくさん並んだデザートを前に「ワクワクした!」、「テンションが上がった!!」などのコメントも見かけゲストからの高評価も十分に期待できますね。

式場によっては、もともとデザートビュッフェがセットになっている料理コースやプランをご提案していることもあるほど、人気のある演出です。

では早速デザートビュッフェについてご紹介していきます。

デザートビュッフェとは?

デザートビュッフェ

結婚式のお料理の基本は、コース料理です。
前菜からメイン、デザートまで全てのメニューをスタッフがゲストのお席までサービスします。

この際、デザートのみを別の場所に用意し、ゲスト自身にお好きな物をビュッフェスタイルで召し上がっていただく演出がデザートビュッフェです。

自由な時間を用意し、ゲストに楽しんでもらえる事が何よりの魅力!女性ゲストやお子様たちからは不動の人気がある演出です。

デザートコーナー並ぶデザートの量は、申込むコースの料金によっても異なりますが、生菓子から焼き菓子、フルーツなどを中心に10〜15種類程度を用意することが多いようです。

この他、ウェディングケーキを生ケーキで用意されるのであれば、ケーキ入刀ごのウェディングケーキも一緒に並べることも可能です。

時間はどのくらいある?

進行の内容などにより、デザートビュッフェとして確保できる時間は異なりますが、目安は15分〜20分程度。着席したままの時間が長い新郎新婦やゲストにとって、自由に動ける時間はとても貴重!

このときに会話を楽しんだり、一緒に写真をとったりなど、自由な時間を楽しみましょう!

どのタイミングで開催するの?

デザートビュッフェはメイン料理のサービスが済み、一段落ついたタイミングで開催することが多いです。

メイン料理は披露宴の後半で登場しますので、中盤以降に設定されることは基本です。また、披露宴開始から2時間半後には披露宴がお開きになることを考えると、披露宴のフィナーレ前に開催する最後の大きなイベントとも考えられますね!

デザートビュッフェの終了と同時に花嫁の手紙に入ることもあるため、参考例として取り上げた時間軸を目安に考えていきましょう。

参考例

  • 12:00 披露宴スタート
  • 13:45 デザートビュッフェスタート
  • 14:05 花嫁の感謝の手紙披露〜記念品贈呈
  • 14:15 両家代表の挨拶
  • 14:20 新郎謝辞
  • 14:25 エンドロール上映
  • 14:30 おひらき

場所はどこで開催する?

デザートビュッフェの場所として使用されるスペースは会場の設備や仕様により異なります。

会場内の一部にスペースを設けることもあれば、ガーデンを利用することもあります。会場前にプライベートスペースがある会場は、そのスペースにセッティングすることも!

どの場所で開催できるのかは、会場により違うためプランナーさんに確認してみましょう!

費用はどのくらい?

デザートビュッフェの料金も会場により異なりますが、一人あたり1000円〜1500円程度が目安です。

コース料理の内容によって、「デザート=デザートビュッフェ」と決まっており、追加料金を支払わなくても用意できる場合もあります。料金に関しても会場側に確認しましょう。

まとめ

プレ花嫁・花婿
  • 披露宴での食事のデザートはビュッフェスタイルで楽しもう
  • 新郎新婦とゲストだけでなくゲスト同士の会話が弾む時間にもなる
  • 所要時間は20分程度が多く、披露宴のフィナーレ前最後のイベントとして設定されることが多い
  • デザートビュッフェを開催する場所や費用は会場により異なるため、確認が必要

披露宴で人気の演出、デザートビュッフェについて解説しました。
年代だ性別を問わずゲストにも人気のデザートビュッフェ。

キラキラしたデザートが並び、女性ゲストや子どもゲストから歓声があがることも多い演出です。

新郎新婦とゲストとの会話だけでなく、席の場所が離れているゲスト同士の会話も弾み、ナチュラルな時間をお楽しみ頂けることがデザートビュッフェの魅力。

ガーデンでの開催が叶えば、披露宴の雰囲気を一層盛りあげることにも繋がるため、披露宴の演出としてぜひ検討してみてくださいね!

Saki

2,341 views

花嫁さまたちと笑って泣いて、とっても楽しかったウェディングプランナー時代。 自分自身が2012年に卒花してからはゲストハウスとホテルでの経験を活かしてウェデ...

プロフィール