MENU

【会場特集】平安神宮会館の魅力と特徴を徹底調査♪

京都を代表する歴史的建造物
「平安神宮会館」で叶える結婚式

様々な文化が融和し1200年以上の歴史を経てもなお、住んでいる人々の生活に古き伝統が受け継がれている街、京都。日本の都でもあった京都は、優れた文化を築き上げ、文化的な要素や日本らしい芸能、芸術の多くに磨きをかけてきました。

現在では、国内はもちろん、海外からの観光客でも賑わいを見せる京都の街。人と人との交流をかさね、昔ながらの文化を今も継承し続けています。絶えず新しい文化を創造してきたこの町は、外国人にも憧れる都市としての人気を位置づけています。

そんな京都にはかつて「いついつまでも、平らかで安らかな街でありますように」との願いが込められた都、「平安京」がありました。その平安京を今一度よみがえらせるために、遷都1100年を記念して創建された神社が「平安神宮」です。今回は、その平安神宮で結婚式を叶えられる「平安神宮会館」について調査しました。

平安神宮会館は、京都らしさを十分に感じたい方や、結婚式の一時を特別で本物らしさを感じるひとときにしたいとご希望の方にオススメできる会場です。

目次

平安神宮会館はこんな人にオススメ

  • 結婚式では「本物志向」を大切にしたいと思っている
  • 挙式は神前式を希望している
  • 和装に憧れている!和装を着て結婚式の写真を残したい
  • ロケーションの良さを重要視している
  • 年配ゲストもいるため、バリアフリーなど会場の設備も気にしたい

などのお考えの方にピッタリな会場です。

平安神宮会館 3つの魅力

1)「本物の京都らしさ」×「静かなプライベート空間」

平安神宮会館

平安神宮は、京都駅からアクセスの良い場所である落ち着いた大人の観光地「岡崎」に佇んでいます。

総敷地面積も広大で、その広さなんと2万坪
この広い空間の中に、観光客も入れない「おふたりとお招きされた大切なゲストのためだけ」の特別なプライベートエリアをご用意しています。

開放的な雰囲気を十分に楽しんでいただけることだけでなく、結婚式にふさわしい特別な場所であるといえますね。ご家族として新たな絆をむすぶ、神聖な儀式を叶えていただくことが可能です。

2)「広大な名勝庭園」で、唯一無二の時間を。

平安神宮が誇るお庭は、神様にお楽しみいただくために20年以上の歳月をかけ造られ、名勝庭園への指定を承けている「神苑」です。明治時代を代表する神苑は、総面積1万坪にものぼる広大で緑の豊かな場所。

この庭園の中には、樹齢100年を超える木々や豊かな水をたたえる池があり、四季折々に咲き誇る花々からは自然の織りなす色鮮やかな華々しさを感じていただけるでしょう。

もちろん季節によって、魅力となる花々は変わります。
四季折々で表情をかえる美しい景色を背景に撮影できる写真は、まさに「特別な1枚」となるでしょう。

四季の移ろいを感じられるのは日本ならではの贅沢。
そんな空間が平安神宮会館には詰まっています。

3)「ゲストにやさしい設備」と「安心のスタッフ」

平安神宮会館の魅力には、ゲストにやさしい設備を兼ね備えているとも忘れてはいけないポイントです。まず、挙式場である「儀式殿」は冷暖房を完備しているため、どの季節でも快適に過ごすことができます。

さらに、屋根がある場所のため天候に左右されることもなく、憧れの花嫁行列を実施も可能です。もちろん親族様の控え室や、ゲストのお着替えに使用していただくお部屋もご用意しています。

また、挙式会場と披露宴会場のある「平安神宮会館」までは徒歩1分の距離!
間近に併設されているため、移動距離が少ないことは嬉しいですね!ご親族が多い場合やご高齢の方が多い場合でも、他の神社にはない設備のため安心感は高めです。

さらに!スタッフ陣のスキルの高さも自慢できるポイント!
新郎新婦さまと二人三脚で理想の結婚式実現に導くプランナーを筆頭に、おもてなしのお料理を制作するシェフやサービス担当は安心できるスタッフばかり。

加えて、車の誘導を担当するスタッフや庭園を管理している庭師いたるまで、プロフェショナルのスタッフが揃う安心感も魅力です。

この他にも

おもてなしアイテムである「お料理」も、こだわり抜かれた魅力あるポイントです。
決まったお料理内容から選ぶことが多い結婚式のお料理という概念を覆す、「2400通りにもなるプリフィックスメニュー」をご用意。

日本らしい伝統的な和の一皿から、日本の食材を使用した西洋のお料理まで、さまざまなメニューから選ぶことが可能です。

もちろん、お二人の思い出のお料理やそれぞれの出身地ならではのメニューなど、自分たちらしいオリジナルメニューの相談も可能。旬の食材を使用し、季節感を楽しむことは当然のおもてなしと考え、さらに温かいものを温かいうちに提供できるよう、調理やサービスにも気を配っています。

結婚式には、さまざまな年齢層のゲストが参加されます。
どのゲストにも満足いただけるお料理を提供していくことが平安神宮会館が目指しているおもてなしなのです。

では早速、平安神宮会館で開催中のフェアについてご紹介していきましょう。

ブライダルフェアはこちら>>>

気になる方は、フェアでの体感がスムーズ

組数限定で安心◆10大特典付《和洋両取り》秋の和フレンチ10種試食

《組数限定!プレミアムフェア》

本フェア限定◆10大特典プレゼント◆

和も洋も叶えたい花嫁様必見のSPフェア開催!衣裳だけでなく雰囲気や料理まで両取りが叶う一日をご紹介◎ゲストを沢山呼んでパーティを愉しみたい方も、こじんまりとアットホームに会話を愉しみたい方も大切なアイテム「料理」を和とフレンチを融合した10種試食でご用意!

さらにそんな料理や衣裳のご優待が付いた10大特典を期間限定でプレゼント!お得なチャンスのお見逃しなく♪

ブライダルフェアはこちら>>>

現地開催【神社から食事会場まで移動なく安心!】和食メニュー試食×会食相談会

「派手なことはしないけれど、けじめとして結婚式はきちんとしたい」というおふたりへ。名勝「神苑」の絶景と、和×洋のこだわりの料理で上質なおもてなしを。挙式後の移動もなくゲストも安心・快適な一日をご紹介。

ブライダルフェアはこちら>>>

【オンラインフェア★自宅で平安神宮会館の相談】360度カメラで会場見学&見積案内 他

《平安神宮会館のプランナーがご案内》

【30分~お気軽に◎】外出せずにスマホでできるオンライン相談会を実施中! 平安神宮会館のプランナーが式場や準備スケジュール、見積もりなどを詳しくご案内。 更にVRでの会場見学もでき、家にいながら結婚式準備が進められる。 お悩みや気になることなど、何でもご相談ください。

ブライダルフェアはこちら>>>

上記フェアの内容は変更されている場合がございます。
魅力のあるフェアの情報は随時更新されています。
詳しくは公式サイトをご確認の上、ご予約くださいね!

withコロナ時代の結婚式宣言も賛同している!

平安神宮会館は、ブライダル事業を行っている多くの会社・会場が賛同している「withコロナ時代の結婚式宣言」にも賛同している会場です。

withコロナ時代の結婚式宣言は

  1. 式場見学前のオンライン面談
  2. 特別条件による契約
  3. ンライン面談中心で結婚式の打ち合わせを進める

などの概要を設定しており、安心して下見や契約、打ち合わせを進めていくことが可能である指標となっている宣言です。業界内はもちろん、新郎新婦さまもご注目されていることでしょう。

感染症が気になる今だからこそ、新しい結婚式スタイルにも注目している会場であることは、重要なポイントになってくるのではないでしょうか。

ブライダルフェアはこちら>>>

結びに

平安神宮会館
  • 遷都1100年を記念し、創建された神社である平安神宮で結婚式を挙げることが可能
  • 広大な庭園は、20年以上の歳月をかけ造られた名勝庭園への指定を承けている「神苑」
  • プランナーだけでなく、結婚式に関わるスタッフ全てをプロフェッショナルで揃えている
  • 自分たちらしいメニューをチョイスでき、その数は2400通りにものぼる!

観光地としても人気の平安神宮で結婚式を叶えることができ、披露宴としても大切な皆さまとの一時を過ごせる平安神宮会館についてまとめました。

歴史を感じられる場所で本物の結婚式を実現できることは、和風や和装に憧れている方にとって、もっとも魅力に感じられるポイントでしょう。さらに!平安神宮が誇る庭園は名勝庭園への指定を受けている「神苑」です。ここを背景に結婚記念の写真が残せることは、生涯色あせない思い出になりますね!

平安神宮会館では、結婚式の他アフタヌーンティーも楽しむことができます。どんな場所が気になる方は、今回ご紹介したブライダルフェアはもちろん、口コミでも人気のアフタヌーンティーを利用して平安神宮会館の良さを確かめてみることもオススメです。

和風な会場を探している方や、神前式をご希望の方はぜひ一度問い合わせてみてくださいね!

ブライダルフェアはこちら>>>

ACCESS

会場名平安神宮会館
住所〒606-8341 
京都府京都市左京区岡崎西天王町97
ブライダルフェアブライダルフェアはこちら
サイト公式サイトはこちら
営業時間平日/12:00〜19:00 土日祝/10:00〜19:00
定休日火曜日・水曜日
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元ウェディングプランナー Saki

花嫁さまたちと笑って泣いて、とっても楽しかったプランナー時代。
自分自身が2012年に卒花してからはゲストハウスとホテルでの経験を活かしてウェディング専門のライターに転身!

プレ花嫁さまたちに向けて結婚式のhow toやトレンドたっぷりの情報を発信しています。

目次
閉じる